P's Voice Artist School

声優になろう! ピーズボイスアーティストスクール

受講生の声

1期生 城山凌也

様々な5人の先生が教えてくださる

PVAスクールは1人の講師の方が教えるのではなく、ダンス、歌、アフレコ、芝居、基礎を様々な5人の先生が教えてくださる点が新しいと思いました。演技に特化したアドバイスだったり、専門的なマイクワークだったり、初めての体験、経験が出来ています。アフレコも最初は絵に合わせてセリフを言うのが、全然出来なかったのですが、やっていくにつれて、少しづつ慣れてきました。本当に経験があってこそ!このスクールは本当に実践的なレッスンが多く、すごくありがたいなって思います。

1期生 澤田晴名

生きているセリフってこういうのを言うんだな

アニメのアフレコ現場に行った時、生きてるセリフってこういうのを言うんだな、と思いました。本当にプロの方々はすごいと思いました。現場ではきちんと周りを見ることが大事だと思ってはいたのですが、例えばマイクワークでは、先輩方の邪魔にならないようにしなきゃいけないけれど、遠慮しすぎてしまうと、自分のセリフが遅れてしまう・・・とても難しいな、と思いました。やっぱり現場に行ってみないと分からない事がたくさんあって、そこで吸収出来ることがとても大きいので、このスクールでは沢山の現場を経験できることが良いですね。レッスンはジャンルの幅が広く、ダンスも歌もあるし、演技やアフレコも出来るという、今の声優に必要なことが全部揃ってるスクールだなって思います。

1期生 大島健大朗

現場に出るチャンスが沢山あります

オーディションなどを通じて現場に出られるチャンスが沢山あると思います。僕は入所からまだ半年も経たないうちに、アプリの収録に参加させてもらい、早い段階から貴重な経験をさせてもらっています。レッスンで学ぶことも、もちろん大事なのですが、現場で得られる経験値は物凄いものなので、そういう機会をたくさんいただいて、すごく成長に繋がっていると思います。実際に収録の現場に出てみると、わからないことも多いのですが、そういうときは先輩の声優の方々が教えてくださるので、そのような経験も含め、すべてが勉強だと思ってやっています。

1期生 安齋由香里

自分のモチベーションも上がる

以前は別の養成所に通っていたのですが、このスクールに入って、すぐにアニメやナレーションなどのオーディションがこんなにあるなんて想像もしていなかったので、良い刺激になっています。また、オーディションが沢山あることで、自分のモチベーションも上がるので、とてもいい環境だと思います。いただいたお仕事では、ナレーションで大苦戦しました(笑)。イントネーションで、何でこんなこともできないんだろう・・・って思うぐらいに指摘されたのに、直せなかったりして・・・悔しい思いをしました。ナレーションのお仕事を経験してからは、他の現場に行っても、粘り強く取り組むことができるようになり、また少しだけ自信もついたと感じるので、本当にいい経験をさせていただいたと感じています。

1期生 河野怜市

自分の成長を感じられる

PVAスクールに入所してから1番に自分の成長を感じています。今まで芝居の経験は、ほぼなかったんですけど、週に1回、芝居の勉強をさせてもらい、自分でやっと少し伸びているのがわかってきたなって感じています。オーデションを受けて、頂いたアプリのお仕事の現場は、収録にすごい時間を費やし、ディレクターさんが直すところの指示を言ってくださって、1対1の個別授業を受けるぐらいの感覚でやらせていただきました。また、アニメの収録では、目の前で実際に声優さんの芝居を見ることができ、アニメなどで音声だけを耳で聞くより、実際に目で見る芝居の方がすごく収穫が多く、とても勉強になる現場でした。

1期生 森百花

まだまだ勉強していきます

実際に収録を始める前に台本をもらっていて、自分がどういう役をするのか、どういうセリフを言うのかっていうのを自分でチェックをして向かいました。でも、やっぱり自分が想像しているキャラクター像と、ディレクターさんが求めているキャラクター像に違いがあった時に、ディレクターさんが求めているものを理解して、すぐ反映できるかというと、そうでもないところが多く、まだまだ勉強が必要だと思いました。また大人数でガヤを録るときなども、ただ騒げばいいわけではなく、一緒の空間にいる人たちと空気を読みあって発するみたいな・・・。その場でやってみないとわからないことだから、難しいなと思いました。そんな経験も含めて色々と学べる環境にあるPVAスクールに入れてよかったなと思います。

1期生 松岡侑李

未熟だと感じられることが大事

レッスンは、基礎もありますが、実践的なことが多いと思います。自分は過去に半年間、他の養成所の基礎科にいたので、PVAスクールはこんなに実践的で発展的なことをやるんだ、とびっくりしました。実践的なレッスンがどんどん進んで行くと、「あ、基礎でやれることは自分でやらなきゃ」って思えるので、家でも自発的に練習しています。現場でお仕事をさせていただいたときは、当たり前なんですけど、未熟だなぁ思いました。だけど未熟だと感じられることが大事だと思うんです。日頃からわかってはいたつもりですが、より強く感じる事ができました。そういう面でも、やっぱり早いうちから現場に出していただけるのはありがたいなと思います。

1期生 鈴木まどか

良い環境で学べています

実際に録音するとき、緊張してすごく噛んでしまいました。録音を通して自分の声を聴くことで、自分が思っているよりも発音の弱いところがあったりして、自分の特徴がわかってきましたね。アフレコの時に水をすする音を出さなければいけない事があったんですけど、それがなかなか出来なくて先輩に教えていただきました。声優はそういう音みたいな演技も表現できなきゃいけないんだな・・・ということがわかって、自分の課題になっています。PVAスクールではとても多くのオーデションを受けることができますし、それで実際に現場に出ることもできました。他にも色々な現場に出ている人が多いので、自分も鼓舞されますね。スクール仲間もみんなすごく仲が良いし、先生も親身になって質問を聞いて下さるので、すごい良い環境にいるなって思います。

1期生 溝井桃太

自分の個性にあったものが選びやすい

もとから声優という職業に興味があったのですが、興味を持ったのが5月ごろだったので入れるスクールが他にあまりなかったんです。でもこのスクールは(1期生が)10月に始まるということもあり、テレビのCMを見て、体験レッスンに参加してみたら、自分に合うスクールだなと思い、入所することにしました。このスクールの特徴は色んな先生方が、独自の教え方をしてくれることだと思うんです。色んな教え方をしてくれるので自分の個性にあったものが選びやすいのが特徴で、あとは演技だけではなくて、ダンス、それに歌も学べるのでとてもいいと思いました。

1期生 松田美弥

緊張と向かい合える

講師の方々は声優として現役で活躍されているので、現場のリアルタイムな情報を教えてくださることが良いところかなと思います。また、オーディションをいただけるチャンスが多いところも魅力ですね。私はすぐに緊張してしまうのですが、基礎的なレッスンだけでは改善することが難しいです。でもPVAスクールはオーディションが多かったり、アフレコ現場を見学させてもらえたりもできて、緊張と向かい合える場面が本当に多いと思います。そこは他では感じられない部分だと思うんですよ。その緊張をいかに乗り越えるか、どう対応すれば良いのかみたいなことを四苦八苦できることが私の中ではとても成長に繋がる部分かなって感じました。伸ばすところが他のところと違うことが特徴的だなって思います。

1期生 牧凌平

マイクの前に立つときは堂々と

アフレコ現場で感じたことは、自分の中に人物像を作り過ぎるとアドバイスしていただいたときに人物像や感情などを変えづらくなってしまうので、ある程度余裕を持つことが大切だと思いました。ディレクターさんに言われたことで、パッとやってみたことを覚えておくという力が結構大事で、「あ!それいいよ!」って言われ、次にやった時に「あれ、また戻っちゃった」って言われた時は自分の力のなさを感じてしまいましたね。PVAスクールのレッスンを通じて、自信を持つことが大事だと思いました。やっぱりいくら準備しても不安は残ります。でも、自分が不安でいたら自分が演じる人物は不安じゃないかもしれないのに、不安が声に乗っかってしまう・・・。だからこそマイクの前に立つときは堂々といることが大事かなと思います。